金融で使われるビッグデータについて

金融投資をする時は色々な情報が必要で、その情報から相場の傾向を読むことが大事です。
一般的には相場のデータや経済指標から経済の流れを把握しますが、最近はビッグデータを使った解析が進んでいます。
このビッグデータとはランダムに存在するデータを使って、状況の把握をする方法です。
ビッグデータを使った情報収集をすれば、いままで把握することが難しかった経済の流れが分かりやすくなります。
ただこの方法を使った分析には高度な技術力が必要で、普通の人には利用が難しいです。
どちらかというとこの情報分析は企業や、大手金融ファンドなどでよく利用されています。
方法としてはSNSなどの大量の情報から、経済に影響を与えるデータの抽出をして利用します。