ビッグデータを用いた金融

ビッグデータは名の通り大きな情報量のことです。
ビッグデータを用いた金融とは、これまでに起きた経済情勢などを全てデータ化、蓄積、分析することです。
分析することにより、今後の経済がどのような状態になっていくのかを予測することが可能となります。
また、この様なデータは経営者が市場を把握するのに非常に重要となってきます。
更に政府もこのデータを参考にすることで今後の金融情勢を計り、金融政策を行うのではないかと思います。
また、近年はスマートフォンのユーザが増加し、インターネットにどこからでもアクセスが可能となっています。
ネット通販での買い物利用者が増えている現在、何が一番売れているのかを集計することも、ビッグデータで行うことが可能です。
これによって企業が商品を用意するのに非常に効率的に利益を生むことが可能となります。